バリ島の基本情報

 

リゾートといえば、南の島を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
殊更高い人気があるのはハワイでしょう。
ただ、ハワイは日本から行くにはなかなか遠く、旅行をするにしても移動時間が旅程の多くを占めてしまうという問題があります。
仕事が忙しいなどで旅行期間を長く取ることが出来ない人にとって、これはなかなか厳しいものでしょう。

そこで、比較的近くて、同じように南の島の風情を楽しむことが出来る場所として高い人気があるのが「バリ島」です。
バリ島はインドネシアの島の1つであるため、東南アジアに位置しており、日本からでもアクセスが良好、行きやすく楽しみやすい場所となっているのが特徴です。
では、このバリ島についてまずは基本的な情報について見てみましょう。

バリ島は5633平方キロメートルと、なかなか大きな島です。
島の北部は火山帯となっており、最も高いアグン山という山がそびえています。
南の島というのは造山帯に位置していることが多く、ハワイもそうですが火山があることが多いのが特徴です。
その関係で温泉があるなど、日本人ならなお一層楽しむことが出来るような立地になっています。

気候はサバナ気候に属しています。
この気候というのは、季節によって雨季と乾季が存在しているというもので、行くタイミングを間違うと一日中大雨ということも少なくありません。
10月から3月が雨季、4月から9月が乾季となっているため、行く時期を間違わないようにしましょう。

Copyright © 2014 バリ島の歴史と基礎情報 All Rights Reserved.